渡辺直美が主人公レネー役に決定!

 エイミー・シューマーさんは、もともと大好きなコメディエンヌなので、エイミーさんの役を演じられることになってすごく嬉しかったです。と同時に、プレッシャーもありました。アフレコの経験はありますが、主人公を演じさせてもらうのは初めてのことで、時間が思っていた以上にかかって、今回のアフレコはほぼ軟禁状態でした(笑)。エイミーさん独特のボケを自分の中にどう取り入れるかや、シリアスなシーンをニュアンスで面白くするという、演技が上手なエイミーさんのお芝居を表現することが難しかったんですけど、丁寧に時間をかけてやりました。ずっと無音の中で、エイミーさん、また人生で初めてというほど映画と一対一で向き合って、エイミーさんの想いをはじめ、私自身、すっかり入り込んで自分が本当にその物語にいるみたいな感覚で、最後まで楽しみながらできました。
 レネーは、友達の前では自分らしくいられるけど、それ以外の人たちの前では自信がなくて後ろ向きになってしまいます。『結局私なんて』という気持ちは分かるし、そう感じている人はこの世の中いっぱいいると思います。最初は自分たちもレネーと同じ気持ちだったのに、途中から「前に進んで!」と思う瞬間があって。でも、それは自分に言っているようなもので、レネーに背中を押されてるんですよね。レネーの人生を見て、「ああ自分も前向きに明るく、自分のままでいたいな」と思わせてくれる。レネーの人柄や、エイミーさんのポジティブな明るさが、物語と共に私たちにいろいろ教えてくれていると思います。
 レネーの恋の相手のイーサンも変わっていくように、女性だけではなく、男性にも観ていただきたい作品です。「今の自分最高!」って元気がもらえる作品で、この時代だからこその映画なのかなと思える、人を前向きな気持ちにさせてくれるような映画です。元気をもらって、自分もいろんなことに挑戦したいなって思ってもらえたら嬉しいです!

Naomi Watanabe